LINEとSNSの違いは?分かりやすく解説

あまりSNSサービスを利用していないと、「LINEってSNS?」「SNSの違いってなに?」など分からないことも多いのではないでしょうか。

LINEといえば、コミュニケーションツールとして認識している方も多いですが、Facebookなどとどう違うの?なにができるの?など気になる部分を解説します。

SNSとは具体的になに?

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称で、ネットワーク上においてコミュニケーションを取れる会員制サービスということです。具体的な特徴を挙げていきましょう。

ネット上で自由に投稿できる

有名なSNSといえばFacebookやtwitter、Instagramを思い浮かべる方も多いでしょう。これらのサービスでは自分の好きな内容・写真を投稿し、ネット上で公開できます。

不特定多数とコミュニケーションできる

投稿内容にコメントをもらったり、自分でいいねをつけたりすることで、不特定多数の相手とコミュニケーションを取れます。また、友だちとして登録・フォローすれば相手の最新投稿もチェックできます。

このほか、サービスによってはつぎのような機能でより交流を深められます。

グループ、コミュニティ:同じ趣味や境遇の仲間と会話できる
ゲーム、アプリ:友だちと協力プレイしたり対戦したりできる
メッセージ、チャット:特定のユーザーと1対1で会話のやり取りができる

LINEはSNS?

LINEは単純にコミュニケーションツール、と思っている方は多いかもしれませんが、じつはSNSの1つです。つまりどういうことなのか、解説します。

LINEのどこがSNS?

まず、LINEはネット上で相手と会話するサービスです。そのほか、ホームではブログやtwitterのつぶやきのようにタイムラインに投稿ができますよね。

また、LINE POPやツムツムなど、友だちとゲームする機能もあります。このように、第1項で紹介したSNSの条件が完全に当てはまっている、というわけです。

それぞれのSNSはなにが違うの?

有名なサービスの違いについてカンタンに説明していきます。後半は偏見も混じっているので本気にしすぎないでください。でも、大体合っていると思います。

Facebook

実名登録を推奨しており、リアルとのつながりを重視している。年齢層はやや高めで、ビジネスを目的に利用をしているユーザーが多い。

出身の学校や登録メールアドレスなどをもとに知り合いを紹介してくる。実名なので、長らく連絡していなかった知り合いを見つけやすい。幸せアピールや意識高めな投稿がされがち。

twitter

ハンドルネームで登録する人が多いので、匿名性が高い。年齢層はFBよりもう少し若い印象。小中学生も意外と多いらしい。

たびたびバカッターと揶揄されるように、拡散されたくて無茶をする人もいる。一時の承認欲求から非社会的な行動を晒してしまうと、人生が終わりがち。

Instagram

写真を投稿するタイプのSNS。やや若い女性のユーザーが多い。トイカメラ風の加工などができるため、ふんわりした色や印象の写真が散見される。

ガチのインスタグラマーと呼ばれる女性たちは、ナイトプールなどインスタ映えしそうな場所に現れては連写で自撮りをし、自分だけが盛れている写真をアップする。

LINE

スマホを所有する日本国民の大半が利用している。年齢層は幅広く、子どもから中高年まで老若男女。スタンプ機能を使えば、文章だけでなく感情も表現できる。

親世代まで使っている家庭が多いため、親との心温まるやり取りや、目を覆いたくなるような誤爆などが各種SNSにもアップされがち。既読スルー・未読スルーに悩む若者を生み続けるツール。

まとめ

以上、SNSの概要やそれぞれの違い、LINEはSNSであることなどを解説しました。最近はこのほかにもマストドンなど新しいSNSもいろいろ登場してきていますよね。

ですが、それぞれ特徴が違うので、住み分けはされているかと思います。どんなサービスかよりくわしく知るには、やはり自分でやってみることです。興味があればやってみるのもよいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

(=‐ω‐)oO